マツエク・まつ毛美容液などまつ毛を伸ばす方法からまつ毛の健康状態・ケア・育毛

まつ毛ナビ|まつ毛を伸ばす方法からまつ毛を長く見せる方法を伝授

魅力的なまつ毛のためにまつ毛を育てて伸ばしてあげよう

まつ毛の健康

魅力的なまつ毛のためにまつ毛を育てて伸ばしてあげよう

目元の魅力をアップさせるためにまつ毛は重要な部位にです。

長いまつ毛はそれだけで目元の印象を良くしてくれるので、ナチュラルメイクでも自信を持つことができます。

長いまつ毛を作るためにまつ毛エクステやつけまつ毛を使う方も多いですが、最近は自分のまつ毛を育てる方も増えてきました

1ヶ月でどのぐらいまつ毛は伸びるのか気になるところ

1ヶ月でどのぐらいまつ毛は伸びるのか気になるところ

まつ毛は1ヶ月でどのぐらい育つ?

髪の毛やムダ毛のことは色々知っている方も多いかもしれませんが、まつ毛のこととなると分からないことだらけと答える方もまだまだいるようです。

1ヶ月でまつ毛がどのぐらい伸びるかご存知ですか?

個人差はあるものの髪の毛は1センチ前後伸びることをご存知の方もいると思いますが、まつ毛はそこまで早く伸びることはありません。

まつ毛も髪の毛同様に個人差はあるものの、まつ毛がもともと長いという方はまつ毛が伸びるスピードも早いことが分かっています。

平均的な数字ですが、1ヶ月から3ヶ月かけて7~8ミリ伸びると言われています。

日本人はまつ毛が育ちにくい?

海外の方のまつ毛を見ると、もともとのまつ毛がとても長い特徴を持っています。
何もしなくても長くてカールがかかっているような気がしませんか?

特に欧米人の場合、まつ毛が育つスピードは日本人のおよそ2倍と言われています。
また、自然にカールになりやすいのも欧米人のまつ毛の特徴なので、特にメイクをしなくても目元がぐっと印象的に見えます。
日本人に比べて欧米人の目元がハッキリしてるのにはそういう理由がありました。

欧米人と同じようなまつ毛になろうとするのは難しいかもしれませんが、まつ毛が元気に育つ努力を取り入れていけば欧米人のまつ毛に近づくことができるかもしれません。

最長はどのぐらい?どこまでまつ毛は伸びるのか

最長はどのぐらい?どこまでまつ毛は伸びるのか

気になるまつ毛の毛周期のこと

脱毛に関心の高い女性なら毛周期をご存知の方も多いと思いますが、ムダ毛の毛周期同様にまつ毛にも毛周期があります。

毛周期とは

  1. まつ毛がぐんぐん育つ成長期
  2. まつ毛の成長が止まってまつ毛が抜け落ちる退行期
  3. まつ毛の毛根の働きが止まる休止期

この三つのサイクルを指します。

まつ毛が育つスピードは人それぞれ違うように、まつ毛の毛周期も人それぞれだと言われています。
一般的に1ヶ月から3ヶ月が成長期となり、2ヶ月から4か月が退行期と休止期にあたります。

これを踏まえて考えると、まつ毛がいったん抜けてからまつ毛が生えて最長まで育つまでは2~4か月かかることが分かります。

1本のまつ毛が育つまでこれだけ時間がかかるわけですから、まつ毛の毛周期を知るとますますまつ毛のケアが大事であることを実感する方も多いのではないでしょうか。

目元のケアを継続すればまつ毛を伸ばすことができる

目元のケアを継続すればまつ毛を伸ばすことができる

まつ毛にかかる負担を減らすことが大事

まつ毛を長く育てたいなら、まつ毛にかかる負担を減らすことが大切なポイントです。

まつ毛は髪の毛と違って短くて細いですから、負担がかかる分だけ成長の妨げになってしまいます。
まつ毛そのものは皮膚からおよそ2ミリ程度の浅いところから生えているので、少しの負担でも抜けやすくなってしまうのです。

例えば、目を軽くこすっただけなのにまつ毛が抜けてしまうことはありませんか?

それは元々毛周期の退行期に差し掛かっていたまつ毛かもしれませんが、負担がかかったことで抜けてしまった可能性もあるのです。

そのほか、まつ毛に負担がかかりやすい項目をいくつかピックアップしますので確認していきましょう。

これもダメなの?!まつ毛に負担がかかりやすいあれこれ

  • メイクを落とすときゴシゴシ洗っている
  • まつ毛を引っ張りながらビューラーでカールを作っている
  • マスカラを落とす時はまつ毛を引っ張りながら汚れを落としている
  • まつ毛エクステを頻繁につけている
  • 外出するときはかならずつけまつ毛をつけている
  • マスカラは常にウォータープルーフタイプを選んでいる
  • まつ毛パーマをかけるのが定番になっている
  • 疲れてるときはメイクを落とさないで寝ることもある

これらはすべてまつ毛に大きな負担をかけています。

マスカラやつけまつ毛、まつ毛パーマなどは目元の印象をアップさせるために必要ではありますが、必ず負担はかかってしまうので、まつ毛を健康に育てるケアが重要になってきます。

休日はまつ毛を休ませよう

毎日のマスカラやつけまつ毛はどうしてもまつ毛に負担がかかるので、仕事がお休みの日はできる限りまつ毛を休ませるためにマスカラやつけまつ毛を使うのは控えることをおすすめします。

ナチュラルメイクで過ごしてまつ毛を育てるためのまぶたを休ませることができれば、まつ毛はそれだけ早く育ちます。

まつ毛エクステの場合は、まつ毛の状態を見ながら完全にオフするときを作るといいでしょう。
まつ毛エクステサロンを選ぶときは、毛周期に合わせてリペアオフしてくれる優良サロンがおすすめです。

まつ毛美容液ケアも視野に入れよう

効率よくまつ毛を育てるためにまつ毛美容液をおすすめします。
髪の毛に例えるとヘアトリートメント的な役割を果たすのがまつ毛美容液です。

まつ毛に潤いを与えるだけでなく、コシや弾力を与えるおともできるので、まつ毛の生育を促してくれます。

また、まつ毛美容液と一緒に取り入れたいのがアイクリームです。
まつ毛美容液に比べると高い保湿力をもっているので、潤いを与えるのはまつ毛美容液潤いをカバーするのがアイクリームと使い分けてケアをしていきましょう。

長いまつ毛のために日常生活で気を付けたいこと

長いまつ毛のために日常生活で気を付けたいこと

可能な限り禁煙や休肝日を作ろう

時代の流れとともに煙草を吸う人が激減してると言われています。
百害あって一利なしとまで言われている煙草ですが、まつ毛の生育を考えたとき、やはり禁煙を心がけたほうがいいと言えるでしょう。

煙草に含まれているニコチンという成分は血流を阻害するため、まつ毛の生育に必要な栄養がしっかり行き渡りません。まつ毛を健康に長く育てるなら禁煙をおすすめします。

また、お酒は適量ならいいのですが飲み過ぎは肝臓の働きを鈍らせますし、健康が害されてしまうとまつ毛に栄養が行き渡らなくなります。
お酒を一滴も飲んではダメという話ではなく、休肝日を作って肝臓を休める日を作ってあげましょう

質のいい睡眠を取り入れること

まつ毛の根元にある毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返すことで健康なまつ毛が育ちます。
この毛母細胞を活発に分裂させるために必要なものが成長ホルモンです。

寝ている間にたくさん分泌されるのが成長ホルモンなので、質のいい睡眠を心がけてください。
寝不足はお肌の敵と言われていますが、まつ毛の生育にとっても大敵です。

体を温めることを心がけたり、昼間は適度に体を動かすことで心地いい疲労感もあるため、これらを取り入れることで夜になれば無理なく深い眠りにつくことができるでしょう。

肌触りがいいシーツやタオルケットなども快適な睡眠タイムを作り出すことができるかもしれません。

【決定版】効果とコスパを考慮した【まつ毛美容液】人気おすすめランキング

まつ毛美容液だったら、まつ毛を伸ばすだけでなく、まつ毛の地肌をケアしながら、まつ毛の長さを育てる効果があります!
▼効果とコスパが良いまつ毛美容液を選びたいなら♪▼ 【決定版】まつ毛美容液おすすめランキング
>>【決定版】まつ毛美容液おすすめからランキングの確認できます!<<

こちらの記事も人気があります!

【決定版】効果とコスパを考慮したまつ毛美容液人気おすすめランキング 1

まつ毛は女性にとって顔の印象を左右する大切なパーツです。 ファンデーションなどのメイクをしないときでもマツエクをしたり、まつ毛にビューラーやマスカラだけ使うという方も多いでしょう。 しかし、ビューラー ...

まつ毛美容液を安全に使うために知っておきたいこと 2

まつ毛を少しでも伸ばし、ボリュームをだすためにマスカラは当然使いますし、つけまつ毛を使うことも珍しくありません。 でも、どちらも手間がかかるので忙しい朝は煩わしいこともありますよね。 そんなとき、「も ...

目元の印象が良くなるまつ毛エクステの特徴を徹底調査 3

目元の印象を変える方法のひとつが「まつ毛エクステ」です。 "まつエク"とも呼ばれ、施術を受けた方の多くがガラリと変わった目元の印象に大満足しています。 また、毎日のアイメイクが楽になるのはもちろんのこ ...

-まつ毛の健康

Copyright© まつ毛ナビ|まつ毛を伸ばす方法からまつ毛を長く見せる方法を伝授 , 2019 All Rights Reserved.